投資について

この記事をシェアする
B!

株主優待とは何か

投資信託のデメリットとは

投資信託は初心者の人でも気軽に始められる事がメリットでも挙げられていますが、知らなければ損をしてしまう落とし穴もあります。
まずは、投資信託の手数料について、購入時・運用時・売却時に手数料がかかりますが、換金する際にも手数料がかかる事もあります。

銘柄ごとにかかる諸経費が決められているため、プロに任せる際には高くついてしまうケースがあります。
買付時や売却時には、投資信託で様々な手数料について目論見書で確認しましょう。
投資信託の買い付けや売却する際に、注文を依頼してから、現金化され受け取るまでの期間が、他の金融商品に比べると長いと言われています。
また、売却申し込みの注文が受理される締め切りの時間がバラバラです。
銘柄コードでも異なると言います。

投資信託のメリット

そもそも投資信託とは何か、どのようなメリットがあるのかご紹介したいと思います。
投資信託とは、投資家がお金を預けて、金融資産を運用する専門家を信じて、投資を任せます。
運用が傾き、値下げをしてしまうと、投資金が減るリスクはあります。しかし、メリットもいくつかあります。
まずは、投資信託の購入は千円や一万円など比較的安く購入できますが、もっと安いものでは、100円から購入が可能です。そのため、投資初心者向けにはとても向いています。
また、投資初心者にはわからない事が多いですが、ファンドマネージャーという運用のプロに運用を任せられるため、知識などは少しずつ理解していくこともできます。
あまり、人任せにしまうと失敗のケースに繋がる可能性もあるため、ちょっとした知識や理解も必要かと思いますが、初めての人には向いているのではないでしょうか。